ピアノがいらないなら下取り価格を調べてみましょう!

実家を離れることになりピアノを弾くことがなくなった方や子供が弾かなくなっちゃったという方、いらなくなったピアノを下取りしてもらうためにまずは下取り価格から調べてみましょう。

ピアノの下取り価格の調べ方

「ピアノを下取りしてもらう!」と決めたら、まずはどのくらいの値段で下取りしてもらえるか調べたほうがいいでしょう。

購入した楽器店やリサイクルショップに聞いてみるのを思い浮かべる方もいるかと思いますが、出来るだけ高い値段で下取りしたい方は、たくさんのお店から買取査定額をもらうようにしたほうがいいですよね。

1つのお店からの査定額ですと、「その査定額が適正であるのか?」「もっと高い値段で下取りしてもらえるのでは?」と思って比べる金額がありませんよね。

それでは何か所のお店に連絡をしてその都度下取り依頼をして、見積りを集めないといけないのでしょうか?
(私も2回目の買取をお願いするときには、必死に何か所も連絡していました^^;)

いえいえ、そんな面倒なことをしなくても大丈夫です!

たった1回ピアノの情報などを入力すれば、複数のピアノ買取業者に査定依頼をすることができる方法があります。

それは、ピアノ買取一括査定サイトピアノ一括無料査定【引越し侍】を利用して、複数の買取業者から査定額を見積もってもらう方法です!

ご自分のピアノがどのくらいの値段で下取りしてもらえるか簡単にわかりますよ^^

ピアノの下取り金額を決めるものは・・・

ピアノの下取り金額というのは、主に品番(モデル・型番)と製造番号で決まります。

ピアノ買取業者の方は品番(モデル・型番)と製造番号がわかればピアノが作られた時期、使われた部品などがわかり、そのピアノがどのくらいの値段で売れるかを知ることができるからです。

ワンポイントアドバイス!!
買取業者によって販売ルートが異なるため、同じ品番のピアノでも査定額に大きく差が出ることがあります。そのため、複数の買取業者からの相見積もりで査定額を比較する必要があるのです。

その他にも、ピアノのキズの状態や自動演奏機能などのオプションが付いているなどでピアノ本体の査定額が決まります。

もうひとつ査定額に影響することは、ピアノを置いてある場所の状況です。

もし、売りたいと思っているピアノがマンションの5階でエレベーターがない場合、作業員の方が階段からピアノを持って搬出しないといけない場合や、クレーン車を使わないと搬出できない場所に設置してある場合などは、ピアノの下取り金額に影響が出る可能性があります。

この場合、ピアノの搬出作業に多くの人件費(作業員)や車両費(クレーン車)などの費用がかかるため、ピアノ自体の査定額は満足でも追加で搬出費用がかかってしまうことがあるからです。

業者の中にはクレーン車などを使っても査定金額に影響がないところもありますが、事前に運搬作業費の内容について確認しておくとよいでしょう。

ピアノを下取りしてもらうなら「引越し侍」で下取り価格を調べてから!

いらなくなったピアノを処分するといっても、出来るだけ高く下取りしてもらったほうがいいですよね。

「引越し侍」なら満足のいく査定を出してくれる業者がきっと見つかります^^

しかも、査定額は必要項目の入力をするだけで無料で確認ができますので、非常に使い勝手がいいです。

まずは、査定依頼から始めてみましょう!

ピアノ一括無料査定【引越し侍】

ピアノ買取では絶対に損をしない方法があります

ピアノを納得のいく価格で買い取ってもらうためには、テレビ広告だけをみて買取りの依頼をしたり、やみくもに買取り業者に連絡をしたりする方法は賢明とは言えません。前者の場合は多額の広告費がかかっていますし、後者の場合は買取業者とのトラブルになってしまうケースも多いです。
ピアノの買取りを人生で3回経験した私が、無料でできるピアノの高額買取りのテクニックを公開しています。