ピアノの引き取り費用が無料の下取り業者を見つける方法

「家をリフォームすることになった・・・」

「引っ越しをしないといけない・・・」

など、どうしても弾かなくなったピアノを引き取ってもらわないといけなくなった場合、できるだけお金をかけずに、そして時間もかけずに下取りしてもらうにはどうしたらよいでしょうか?

ピアノを下取りするならピアノ買取業者にお願いするのが一番

「うちのピアノは古くなってるし、メンテナンスもだいぶしていないから下取りしてもらえるか心配・・・」という方もいらっしゃいますよね。

そんなピアノでも、ピアノを専門で買取をしてる業者にお願いすれば引き取り費用もかからず無料でピアノを下取りしてもらえます。

ピアノ買取業者の探し方

ピアノ買取をしてくれる業者はたくさんいますが、

1  安心な業者を複数!

2  無料で!

3  しかも簡単に!

探す方法があるんです。

それは「ピアノ買取一括査定」サイトを利用して探す方法です。

「ピアノ買取一括査定」サイトとは、インターネットでピアノの情報等をたった1回入力するだけで、複数の買取業者から査定額を提示してもらえるサイトです。

そのなかでも私のオススメのサイトは「ピアノ一括無料査定【引越し侍】」です。

「ピアノ一括無料査定【引越し侍】」のオススメ理由

下取りしてもらうピアノは出来るだけ高く、手間をかけずに引き取ってもらいたいですよね。

「ズバットピアノ買取比較」は、そんな欲張りな希望にも応えてくれるサイトでした。
(私も3度目のピアノ買取りで一括査定サイトの存在を知り、最終的に引越し侍で買取りをお願いしました^^)

1. 買取金額を比較できる

ピアノを下取りしてもらう場合、複数の業者に査定してもらうことはとても大切なことです。

1社だけにお願いすると、提示された査定金額が適正であるか確認できずに、相場より低い金額で売ってしまう可能性があります。

複数の業者に査定をお願いすることによって、各業者の査定額を比べることができ、最も高い査定額を出してくれた業者に下取り依頼をすることができます。

買取業者同士に競争をさせることも可能
各買取り業者からの見積もりがあがってきたら、少しでも高値でピアノを処分するために、上位3社程度に電話を掛け、価格交渉をしてみるのが一番賢い処分方法です。
詳細はピアノ高額買取りのコツをご覧ください。

2. 手間がかからず簡単

複数の業者に依頼するからといって、1社ずつそれぞれ査定依頼をすることもありません。

ピアノの情報や住所などをたった1回入力すれば、自動的に複数の買取業者に査定依頼をすることができます。

査定結果はメールで届きますので、電話でのわずらわしいやり取りをする必要もありませんでした^^

3. 査定依頼は完全無料

「こんなに簡単に利用できるなら、利用料とかかかるの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、ピアノ一括無料査定【引越し侍】では登録されているピアノ買取業者からの広告費で運営されているため、利用者は1円のお金を払わずに無料で査定依頼ができます。

4. 登録されている業者は安心な業者のみ

ピアノ買取業者の中には、査定の時には高い金額を提示しておきながら、いざ引き取りにきてもらうと、「ピアノの傷が目立つ」や「ピアノ弦にサビがある」などとクレームをつけて下取り金額を下げようとする悪質な業者もいます。

ご自身で買取業者をお探しの方
実際にインターネットや電話帳などを調べれば、ピアノの買取り業者はたくさん見つけることができると思います。
このような業者にご自身で直接連絡をして買取りをお願いする場合は、必ず事前にその業者の口コミなどを確認しましょう。
※口コミが悪い業者だけでなく、口コミが出てこない業者も要注意です。悪徳な業者は悪い評判がつくと社名やサービス名を変えながら買取りを続けるケースもあるようです。

実際に私も人生1度目のピアノ買取りの際には業者とのトラブルに見舞われましたので、同じミスをしないようにしてください。

この点、「引越し侍」などの第3者が運営する一括査定サイトに登録されている業者は、運営サイトの登録基準をクリアした業者のみが見積対象ですので、安心して下取りをお願いすることができます。

「引越し侍」であればピアノの引き取り費用をかけずに、ピアノを高価買取してくれる業者がきっと見つかると思います^^

見積もりを取るだけなら一切お金はかかりませんし、時間もかかりません!

ぜひ、「ピアノ買取一括査定」サイトを利用してみてくださいね^^
ピアノ一括無料査定【引越し侍】

ピアノ買取では絶対に損をしない方法があります

ピアノを納得のいく価格で買い取ってもらうためには、テレビ広告だけをみて買取りの依頼をしたり、やみくもに買取り業者に連絡をしたりする方法は賢明とは言えません。前者の場合は多額の広告費がかかっていますし、後者の場合は買取業者とのトラブルになってしまうケースも多いです。
ピアノの買取りを人生で3回経験した私が、無料でできるピアノの高額買取りのテクニックを公開しています。