ヤマハ製ピアノの下取り体験談

ヤマハ製ピアノ買取り

どうやって下取り業者を探すの?
下取り価格はどれくらい?
トラブルとか心配。

そんな不安を感じている方に、
私の人生3度のピアノ下取り体験を踏まえた体験をご紹介します。

実際にピアノを引き取ってもらうまで

大好きなピアノでしたが・・・

小さいころは2人の姉の影響でピアノが大好き。
両親にお願いしてピアノ教室にも通わせてもらいました。
小学校のころは、ピアノの発表会やクリスマス会などピアノを弾く機会も多く
今思うとピアノと一緒に成長をしてきたように思います。

しかし、高校に進学してからは、部活が忙しくなってしまい
10年以上通い続けたピアノ教室を辞めてしまいました。
それからはなかなかピアノを弾くことが減ってしまい
社会人になった今ではほどんどピアノを触ることが無くなってしまいました。

私が1度目のピアノの下取りを経験した大学生になる頃には
ピアノの上やピアノのふたの上にも物が積みあがってしまい
そこだけ物置のようになっていました。

思い出の詰まったピアノでしたが
ほこりまみれの物置状態のピアノをどうにかしなければと思い、
家族会議の結果ピアノを下取りに出すことにしました。

ピアノは古くなればなるほど価値が落ちます

「ピアノは古くなるほどプレミアがついたりするのかな・・・」という淡い思いも抱いていたのですが、もちろんそんなことはありませんでした。

特にピアノの調律をせずに長期間放置すると買い取り価格が下がってしまうこともあるようです。

ピアノを処分すると決められたら、できるだけ早めに、一度買取り査定に出してみることをオススメします。

どうやって下取り業者を探したのか?

実際に1度目のピアノの下取りでは、業者選びも適当で大失敗をしました。
私はそれからさらに2度のピアノの下取りを経験することになりましたが、
3度目の一番よかったピアノ下取りの方法をご紹介します。
※ご興味のある方は私の人生3回のピアノ買取り体験も読んでみてください。

まずは、インターネットでピアノの下取りをしている業者を
探してみることにしました。
すると、無料で一度に数社のピアノ下取り業者に
見積依頼ができるサイトというものが
あることがわかりました。

そのサイトにピアノの情報(メーカー名、製造番号など)や
ピアノが置いてある場所などを入力すると、
そのサイトからピアノ下取り業者に一斉に見積依頼をしてくれるので
手間もかかりません。

うちのピアノはヤマハ製のアップライトピアノでYU1という種類で
鍵盤のふたがゆっくり閉まる構造になっているものでした。

実際に見積依頼してみると、4社から見積のメールが送られてきました。
下取り価格は128,000円~161,000円と価格にもだいぶ差がありましたが、
今回は一番高い見積を出してくれた業者にお願いすることにしました。

2~4番目の見積価格を出してくれた業者には
お断りのメールを入れましたが、
しつこく下取りを強要されることもなかったので、
今回見積をお願いしたピアノ下取り一括査定サイトは
しっかりとした業者だけが登録されているんだなと感じました。

実際にピアノを引き取ってもらうまで

うちのピアノは2階の部屋に置いてあったためクレーンでの搬出となったのですが、
作業員の方はすごく慎重に作業をして下さり
家の中も外もまったく傷つけずに無事にピアノを引き取って頂けました。

クレーンでの作業があったため、査定額が少し低めになってしまいましたが、
事前にピアノ下取りを一括で査定依頼ができるサイトで
今回のピアノの設置場所のこともお伝えしてありましたので
実際ピアノの引き取ったあとに、下取り価格が下がったなどの
トラブルもなく無事ピアノを引き取って頂けました。

もし私と同じように使わなくなったピアノがある人で、
ピアノを下取りに出したいなと考えているのであれば
私が今回利用した一括査定サイトの利用を是非おすすめしたいと思います。

ピアノ買取では絶対に損をしない方法があります

ピアノを納得のいく価格で買い取ってもらうためには、テレビ広告だけをみて買取りの依頼をしたり、やみくもに買取り業者に連絡をしたりする方法は賢明とは言えません。前者の場合は多額の広告費がかかっていますし、後者の場合は買取業者とのトラブルになってしまうケースも多いです。
ピアノの買取りを人生で3回経験した私が、無料でできるピアノの高額買取りのテクニックを公開しています。